京都市からの引越し見積もり|安くする方法

京都市から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、京都市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

京都市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

京都市から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
各引越し先別のページをごらんください。

 

京都市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
京都市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
京都市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
京都市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、京都市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しにかかるお金のことなんですが、引越し業者を決める前に、いくつかの引越し業者の見積を比較して、引越し業者を決めるのが賢明かと思います。引越しはそうめったにしないですから、料金なんかもわからないですよね。まずは見積もりをもらって比べてみてやっと安く引越しできる業者はどこか、また、サービス内容の違いについてもよく比較検討して選ぶのが賢明です。引越し料金の見積もりは、ふつうどこの業者でもそうしています。引越し料金の見積もりを依頼するには、最近は、インターネットなどで簡単に依頼ができます。そうすると、引越し業者の営業担当が訪問して見積もりをしてくれます。引越し見積もりの計算のやりかたは、基本的にどこの業者も似たようなものですが、荷物の量が全体でどのくらいになるのか、マンションの場合は何階か、エレベーターは使えるかなど確認します。それ以外にも新しい住まいまでの距離とか引越し先での荷物の搬入のしやすさなどもといったことなどを総合して見積もりをしてくれます。見積の金額がわかったら、それによって比較検討をするのですが、3社くらいから見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じようなものだったら、だいたいは安くて対応もよかった業者を選ぶでしょう。値段がほぼ同じくらいだったら、サービス面を比較して選ぶこともできますので、どちらにしても見積もりを比べることで、最も条件がよい引越し業者を選ぶことができます。

 

■引越しの見積もり比較
引越し会社を選ぶには、見積もりを比較するとよいです。引越し業者の見積もりを比べる時に注意する点は、どんなところに注目をしてみるとよいかということですが、もちろん何を比較するかといえば、まずは、金額で比べるのはその他のサービス内容でもチェックしておくとよいかと思います。といいますのは、引越し会社各社から見積書をもらったら同じプランなどでも、ダンボール他梱包材の違いがあったり、ハンガーボックスなどもあるのかとか梱包材料はどうなのかといったことも、引越しの見積もりを比べる際にはチェックしておくのも大切です。例えば引越しのを依頼をするとお米とか、何かのプレゼントがあるとか、といったサービスがあるかもしれませんし、タンスの中身は出さないでそのままでOKのこともありましし、タンスの中身を出さなければならないこともあります。引越しの見積もりをする場合には、1社だけでなく複数に見積もりの依頼をして価格とサービスの両方を比べてみるのがいいですね。複数の引越し会社の見積もりを比較することで、価格ではどの引越し業者が安くて、サービスはどの引越し業者がいいのかということがわかると思います。なので、実際に引越し業者によって金額はかなり違いがあったりしますので、何社かの見積もりを比べて選ぶと損をすることがありません。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金の仕組みについて紹介したいと思います。引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などが含まれています。まず引越し料金の中の運送費ですが、運送費には運賃と作業料が含まれています。荷物を運ぶトラックの大きさや作業時間はどのくらいかかるのか引越し先とはどのくらい離れているのかで引越し料金の価格は変わってきます。使用するトラックが大きくなればなるほど引越し料金は高くなりますし、もちろん、トラックの台数が多くなれば多くなるほど引越し料金は高い価格になりますし、そして、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は増額になりますし、その他人件費といいますのは、これは引越し会社の作業員のことで引越し業者の作業員の数が多ければ多いほど引越し料金の値段は高くなります。その他にも梱包費と交通費につきましては梱包費は梱包に使用するダンボールなどや梱包作業になります。交通費というのは高速料金などですから通行しなければ必要ありません。そして、引越しの保険料は、引越し業者によって無い場合もあるようです。もしも事故やトラブルが生じてしまったら保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し業者の料金は主にこれらの合算になっています。それそれの業者によって無料サービスになっている場合などもあり、それぞれいろいろです。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越し業者への見積もりはインターネットを利用してもできます。インターネットでの引越し見積もりの方法はといいますと、これは、住所や引越し先や荷物の量などを入力することで、入力作業は一度だけで、沢山の引越し業者から見積もりをしてもらうことができるのがこの一括見積比較サイトの特徴です。何社もの引越し業者に一社一社見積もり依頼をするのはめんどくさいですが、これを使うと、たった一回で済んでしまうこともあって、最近は人気があり、利用者も年々多くなっているようです。ただし、オンラインの見積もりはあくまでも目安と考えたほうがいいと思います。実際の引越し料金を見積もりしてもらうためには、実際に荷物や搬出方法などを確認して、見積もりをしてもらうという方法になります。一括見積り比較を使うことの利点としては、あくまで見積もり依頼を何度もしなくていいということであり、各社の見積もり内容を比べることができるということです。複数の引越し業者の見積もりを比べることで最もお得に引越しができる会社がわかりますから、一番お得な業者を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は業者によってかなり違いますから、安い引越し業者を選びたい方には絶対におすすめですね。

 

■引越し業者の種類
引越し業者の種類について紹介したいと思います。引越し業者といってもとてもたくさんの業社があります。例えば全国に支店があるような大手の引越し業社だったり特定の地域や引越し形態に特化した引越し業者などもあります。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。引越し業社にはたくさんの会社がありますがどの引越し会社を選ぶのがよいのかは、自分の引越しに合わせて考えればいいと思います。荷物もそれほど多くない一人暮らしの場合は、レオパレスなどのような家具付きの引越し先に引越しをするという人もいると思います。このような部屋に引っ越しをする場合、引越し専門業者などに頼む必要もなく、軽貨物運送業者の引越しサービスを利用すればいいということになります。同様に、会社の独身寮に引っ越しをする場合も、大手の引越し業社の単身用の引越しサービスが用意されていますので、こういったサービスを利用すればわりと簡単に単身の引越しをすることが出来ます。こういった感じで、引越し業社を選ぶには自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて考えるのがいいと思いますし、その中でも引越し業者は、数社から見積書を出してもらうようにして、引越し業社を種類によって選んだりどこまでの作業をやってくれるのかも確認して、一番条件のよい会社を選ぶとよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引っ越し会社やプランやパックなどいろいろありますが、自分の引越しのスタイルによって、それにふさわしい業者やサービスを選ぶとよいでしょう。例えば、大家族で引越しする場合には、家族の人数が多いとそれだけ、沢山の荷物がありますから、引越しも大変です。子供が小さければ、引越しの間もほったらかしにはできないですし、家族での引越しの場合には、自分たちでできる作業の量や作業の範囲を考えて、引越し業者やサービス内容を選ばなければなりません。赤ちゃんがいる家庭の場合であったり、お年寄りがいる家の引越しの場合では、子供や、お年寄りの世話も必要ですし、引越しの時は、引継ぎなど仕事もなにかと増えますので、引越しの準備を仕事の合間に行うわけですから思うように進まないのではないでしょうか。このような状況であれば、おまかせコースとからくらくコースというような荷物の梱包など準備から引越し業者がやってくれるようなサービスがある引越し業者とそのサービスを選ぶことで、引越し準備の負担が減って楽になると思います。もしも単身での引越しの時には、荷物と言ってもそんなにないでしょうから、家族で引越しをする時に比べれば、それほど人手も必要ないのではないでしょうか。単身引っ越しパックのようなものを得意としている業者に頼めば、簡単で、料金的にも安く引越しをすることができると思います。家族の引越しと違って、単身引っ越しの場合はわりと手軽にできますので、それでも、自分で全部やるより、単身パックのようなものを頼んだ方が楽です。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングってみたことありますか?これから引越しを考えている人にとってはとても参考になる役に立つ情報だと思います。ランキングで上の方になっているような引越し業者ですと、安心して引越しを任せることができます。引越しの業者ランキングは、複数の引越し業者の一括見積ができるサービスのサイトなどでよく見ることができます。このランキングにもいろいろありまして、引越し見積もりが安かったランキングですとか、受付の対応や訪問をした時の対応、引越し作業スタッフの態度や実際の作業の質に対する評価によって、それぞれ、総合、項目別にランキングされています。今、引越しの予定があって、計画をしている人にとっては、どの引越し業者を選んだらいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。そういった場合には、引越し業者のランキングをチェックしてみると良心的な価格で仕事も丁寧な業者を選ぶことができると思います。ランキングだけでなく、口コミや感想なども掲載されていて、実際に、引越しを頼んで対応がどうだったかということが書かれているので、実際にどうなのかということがよくわかるので、見ておきたいものだと思います。

 

■引越しの追加料金
引越の契約に関して追加料金というのは基本的にはありえない話です。見積もり、契約をした時点でお互いに取決めした料金がすべてです。なので、当日になってからまた、別途料金が必要になるということは基本、ないといってよいのです。ですが、もし、あるとすれば、見積もりをした時の荷物の量や引越し先の前の道幅や搬入経路などが見積もりの根拠となる条件と違う場合では追加の費用が必要になる場合もあります。見積もりの時の情報が不正確で荷物の積み残しが起きてしまったというケースでは、さらに往復をしたり、別便を手配するなどして、引越を終わらせる必要があります。正確な情報を見積もりの際に自分が情報を伝えなかったことが理由で引越し当日にこのようなことになった時には、追加で費用を請求されることになっても仕方ありません。また、引越業者に依頼した作業の開始時間になってもまだ引越しの梱包が終わっていなくて荷造りをほとんど引越し業者に手伝ってもらったような場合もそのための追加料金が必要になることはあります。追加で費用が必要になるケースというのも見積もりをしてもらった時に確認しておくべきです。引越の作業を予定通りに順調に進めるためにも、予定外の費用が発生しないようにするためにも、荷造りなどの準備は前日に終わらせておくようにするのがよいですね。

 

■単身引越し
単身赴任などで一人で引越しする場合は、単身引っ越し向けの商品があります。独身者や学生の一人暮らしの引越しの場合は、家族の引越しとは全くタイプが違っていると思います。自分ひとりで引越しをする場合は、それほど大きな家具もないでしょうし、荷物も全体的に少ないのがほとんどだと思います。単身で引越しする場合は、家族の引越しプランのようなダンボールや引越しの保険などといったサービス特典もそれほど魅力的なサービスでもないでしょう。それより引越し作業にかかる料金をもっと安くしてもらったほうが嬉しいのではないでしょうか。自分一人でひっこしするなら、荷造りなんかもわりと簡単で大丈夫でしょうし、引越し先まで、荷物を運ぶトラックの助手席に一緒に乗って行ける、というサービスのほうがありがたい人も多いでしょう。社会人の単身引っ越しにはそれにふさわしい、学生の場合には、それに合っているようなサービスがある引越しのプランを探して引越しをしたほうが料金も安く済みますし、ちょうどいいサイズの梱包なども用意されているので便利だと思います。いろいろな引越し業者が単身引っ越しパックをそのようなサービスがあると思いますので、各社の特徴などもチェックしてみて、自分の引越しの場合、どれが一番良い内容か、気に入ったところを探してみるといいかもしれませんね。単身引っ越しの場合は、荷物も少ないので、それほど料金も高くならないでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越のプランにらくらくパックというようなものがありますけど、引越し業者のらくらくパックとはそれぞれの引越会社にあると思いますが商品名ですとかサービス内容もその会社によって違いますが、例えば、ヤマト引越センターでしたら、引越しらくらくパックというように呼ばれていますけれど日本通運はゆうゆうこんぽという名前になっていますし、松本引越しセンターでしたらおまかせコースと呼ばれていたと思います。引越し業者が小さな荷物の梱包も荷物の搬出から搬入まで荷解きもすべて任せることができる引越しをすべてプロに任せてしまうプランというのがいわゆるらくらくパックなのです。引越しをすべて任せることができるらくらくパックですが不用品の仕分けなどといったことに関しては、自分がしておくべきことはあると思います。引越しのらくらくパックの梱包の解体まで含まれている引越会社の場合でも梱包を解体してダンボールなどは片づけてくれますが、荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。それでも一般的なサービス内容に対して少々お値段は高くなるとおもいますが、引っ越し作業の大部分を頼むことができますので、引越しの際の負担が減ると思います。赤ちゃんがいる家族の引越などではなかなか引越しの準備が大変ですから、引越しのらくらくパックを利用すると楽に引越しできてよいですよね。

 

京都市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
京都市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
京都市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
京都市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、京都市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
引越しを自分でやってしまおうと考えている人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し屋さんを使わずに自分で引越しする場合の、いい点、悪い点などについても、一応考えておくのももよいかと思います。最初に、自分で引越しを行うことのいいところはやはり引越し業者の料金が必要ありませんから、その分のお金がかからないで引越しができます。そして自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し屋さんにやってもらう場合は、初対面の引越し屋さんのスタッフに、なにをどこに運ぶかなど説明したり、こちらが頼んでいるとはいえ、気を使ったりしてそういった部分で気楽でもない部分もあるものです。引越し業者を使わずに自分ですれば、仲間や家族で引越しすることができますから業者を手配するよりも気分的に楽かもしれません。ただ、自分で引越し作業をやる場合は、良いことばかりでなくデメリットもあります。引越し業者を使わない場合のデメリットは、意外にも、引越し業者に頼んだ方が安かったということもよくあるようです。例えば、作業を手伝ってもらった友達に、食事をおごったり、何かお礼のものをあげたりしますから、レンタカーを借りたりして、実際にやってみると、引越し業者の料金よりお金を使ってしまったという話もよく聞きます。それから、引越し業者を頼まないでする場合には、専門のスタッフのように、それなりに教育された専門スタッフではないので、引っ越し作業については素人ですから、家具を傷つけたり、アクシデントもいろいろとあると思います。ということもありますので、引越し業者を使わない方法は安く済む場合もありますが困ったことも起こりがちなので、一応そういうこともあることを知っておくとよいと思います。

 

■引越しの手順
引越しをするには当日だけでなくて、準備も大変ですよね。まずは何からはじめたらよいのか・・・引越しには手順があります。引越しをする日はいつにするのか段取りをするといった計画といいますのがしっかりできているかで引越しをスムーズに終わらせるためには大切なことです。引越しの手順がきっちりと計画されていれば、時間やお金を浪費することもなく、引越しをスムーズに行うことができると思います。とにかく、まず何から始めるかというと、引越しのプランを立てるということです。引越しの日取りや引越し業者はどこにするのか、だいたいの引越しの時間も考えておくことが必要です。引越しの計画をきちんとつくっておくことで引越しが上手く終わるかどうかは決まるといってもいいでしょう。引越しの計画が立てられたらその後、いきなり荷造りではなくて、まずは必要な荷物と捨てる荷物を分けて、いらないものは処分する荷物の量を減らす下準備が必要です。ある程度荷物の整理ができれば荷造りもスムーズになります。このように整理をしておかないと、荷物の整理をしながら荷造りをすることになって効率よく荷造りができません。効率よく荷造り作業を終わらせるためには、ある程度のいらないものを処分することが必要です。さて、引越し当日には、荷物を運び出して、新居に搬入して引越しの後片付けという手順で引越しは進められていきます。それ以外にも、引っ越す前の近所への挨拶や引越し先でのあいさつなどいろいろあるのでやっぱり計画はしておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しを上手く終わらすためには、しっかりと計画をしておくことが最も重要だといわれています。この引越しの計画がちゃんと立てられていないと無駄な時間を使ってしまいます。無駄な時間を使わずに引越しを終わらせるためにも、前もって引越しの計画をしっかりしょう。例えば、引越しをする日ですが、引越しにも繁忙期があります。春先の月月は転職や入学、就職シーズンですから引越しする人が一番多いので、値段も高くなりますし、業者によっては作業が雑であったり引越しが希望の日に行うことが出来ないことがあります。というわけで、引越しの日はできるだけ早めに決めておいてできるなら繁忙期はやめておくほうが賢明でしょう。それから、引越しをする時間についても、引越しについては、時間帯が遅くなれば遅くなるほど安い値段になることがありますので、引越しの予定を立てる場合には、遅い時間で見積もりをしてみるのもよいかもしれません。ある程度の引越しの計画ができたら、まずは何社かの引越し業者に連絡をして料金がいくらになるか見積もりしてもらいます。各社から見積が出そろって比較ができれば依頼する引越し業者も決まると思いますので、引越しの計画もだいたい立つと思います。引越しを依頼する会社と予定日が決まってしまえばあとは細かい予定を立てて行けばよいのでしょうか。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はできるだけ少なくしておくのがいいと思います。引越しというのは持ち物を整理する絶好のチャンスでもあります。それから、荷造りを始める前に、引越しの荷物のある程度の仕分をあらかじめしておくことで荷造りの作業も効率よくできるでしょう。最初は、まずは、いらない洋服を仕分しましょう。最近きていない洋服、もう着なくなった洋服を処分することで荷造り作業にかかる時間も少なくなります。そして引越しの準備をしながら不用品も出てくると思いますが、不用品の処分方法についても考えましょう。リサイクルショップに売ることができるものか大型ゴミとして処分してもらうのか、不用品の処分についても手配をしておけば引越しが近くなってもあわてなくてすむと思います。家電などの場合では、リサイクル法で業者に頼んでリサイクルに出してもらわなければいけないこともありますから、もって行く電化製品、もって行かない電化製品などの整理も先にやっておくとよいでしょう。引越しの荷造りを始める前に荷物の整理をしておくと荷物の量もだいぶ減っていると思いますので、少ない時間で荷造りの作業もできますし、引越しをすることが決まったら、できればすぐにでも、荷物をある程度整理しておくといいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しをするときの荷造り方法についてなのですが、引越しの荷造りのポイントとして梱包方法に気をつけてみましょう。最近では引越し業者に梱包まで頼む人もいますが、自分で引越しの荷造りの梱包をする場合には、それにあったやりかたがそれぞれのものによってありますから、少し紹介したいと思います。皿やグラスなどワレモノの梱包の場合に、引越し業者がやってくれるなら、壊れやすいものはやはりプロにやってもらうのがいいと思います。食器は強度によって梱包のやり方がありますから割れない梱包をしてもらうことがプロならそうしてくれると思います。もしも食器の梱包を自分でするなら緩衝材などを手に入れて割れないようにしましょう。引越しの荷物には自分で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも無くなってしまったときにとても困ってしまうような貴重品などは自分で持って行かなくてはなりません。例えば高価な宝石や貴金属、実印や預金通帳など現金やキャッシュカード、権利書や株券など手持ちで引越し業者に頼まないほうが安心です。搬入をする際にも便利なようにどの荷物になにが入っているのかわかるようにマジックなどでわかりやすく書いておくと、どこに運び込むものかを書いておくとスムーズに運べるコツですね。

 

■引越しの当日
引越し当日の作業については、引越し会社のスタッフが作業をしてくれますが、私達は全部おまかせで何もしなくていいわけでもないです。まずは、引越し業者に指示をしてあげることで、作業も効率よくにできるようになります。特にば大物の家具などは前もって、どこに置くのか配置図などをつくって伝えておくことで、作業員の人たちはそれをもとに無駄のない作業をすることができます。また、図に描いておくということまではしなくても、現場で配置を指示してやることによって作業が効率よく進みます。引越しの当日は作業が無駄なく進むように、先に、引越しの時間の確認、終了時間の確認、引越しのトラックの駐車スペースなどの確認をしておけば引越し作業もはかどると思います。万一特殊な荷物を運搬する必要があるある場合には、引越し業者に見積もりの際に確認をしてその引越し業者で運べなければ、他の業者に頼まなければいけませんからそちらも引越しの当日までに手配しておく必要がありますね。引越しの当日は荷物を運んでしまえば終わりだと、考えている人もいるかも知れませんが、実は引越しの当日も色々とスタッフに指示を出したりといったように、引越し作業が効率よくにいくように私たちも引越し業者を手伝う必要があるので色々と忙しいと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しをするために準備しておくものについてですが、引越しに必要な梱包のグッズといえばまずは、ダンボール箱を思い浮かべる人が多いのでないでしょうか。ダンボールが必要なのは誰でもわかるのですが、問題は、では、引越しに必要なダンボール箱というのはどのくらいかと言いますと、人家族の引越しで箱くらいは必要なのではないかとよく聞きますから、それくらいの段ボール箱が必要です。段ボール箱は、引越しの業者を決めたときや見積もりの際に無料でサービスとしてもらえることもありますので、自分で用意するということはないかもしれません。また、ワレモノなどもあると思いますから、プチプチシートとか緩衝材なども必要です。引越し業者でもくれるところが多いようですし、ガラスやセトモノなどを梱包するために使いましょう。グラスやお皿などを梱包するためには、新聞紙も必要です。食器類以外にも、新聞紙はなにかと梱包に必要になるので、ちょっと多めに用意しておいてもよいかもしれませんね。その他にも、ガムテープやひもなども、引越しの荷造りには欠かせません。また、荷造りにはハサミですとか、カッターナイフ、軍手も一応あったらいいですね。それから、梱包した荷物に、搬入の際に、どの場所に運んだらいいかわかるように書くために、マジックインキがあったほうがよいですね。

 

■引越しと防震
防震対策を引越といっしょにやってしまうのは効率的ですね。阪神大震災があってからは引越し業者さんでも引越時に家具の防震対策もしてくれるというサービスが用意されている業者も多くあります。免震シートや固定金具などいろいろなものを各引越し業者によってあるようですね。一例を挙げますと新居に家具を運搬、設置をしたら地震で家具が倒れないようにする家具の固定金具を取り付ける方法ですとか、家具を置く場所の下に滑り止めシートなどを設置しておくというものもあります。家具の配置を全て済ましてからでは、そういうものを取り付けようとすると大変なこともあります。防震金具や免震シートなど見つけてくるのも大変ですが、そのようなオプションを利用すれば、どうせ荷物を動かすついでなので合理的ですね。このようなサービスは、引越し業者によってプランや取扱のある地震対策グッズは違っていますし、そのための料金も各社違いがあると思います。各引越し業者のホームページなどに対策の方法や使用する器具などの説明も載せられているはずですから、それを見て確認をして各社比べてみるとよいでしょう。引越は地震対策をするのにも都合がよい機会なのでとてもよいことではないかと思います。これに関しては引越し会社の方から勧めてくるようなこともないようなので、見積もりの際などにこちらから聞いてみるとよいとおもいます。

 

■引越しの各種手続き
引越しの際の電話ですとか、電気、水道、ガスの手続きについてちょっとメモしておきたいと思います。ところで、引越し先が同じ局番区域以外なら、違う電話番号に変わってしまいます。引越しが決まった時点でに電話をかけて移転や番号変更などの手続きをしておきます。電力については、引越しが決まったら、電力会社に連絡をして、解約の手続きをしておかなければなりません。引越し先の電力会社にも、同じく、電話をして、申込み手続きをしておきます。引越しのガスの手続きですが、引越してすぐ使えるように、連絡をして手続きしておくことが必要です。新しい住所のほうでには、そこのガス会社の連絡窓口に電話をして手続きをして入居をする日に、作業員が来て開栓、検査をして、ガスを使えるようにしてくれます。引越しが決まったら、水道局には、引越しをするちょっと前に水道局に引越しをすることを連絡しておきます。引越し先の水道局にも連絡をして手続きをします。電気、ガス、水道、通信などの手続きはこんなものですが、こういったライフラインの手続きは、賃貸不動産などに引越しをする場合には不動産業者がやってくれるので必要ないこともあり、特に自分で連絡する必要がないということもありますので、また、引越し先が新築物件の場合だったりすると、これら以外にも、必要な手続きがある場合もありますので、不動産の契約やライフラインの手続きの際に個々に確認しておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの手続きというのも、意外といろいろありますね。それから、住民票とか役所の手続きはもちろんですが、例えば、今新聞をとっている場合ですと、また、金融機関などのすべての住所変更なども他にも、保険にもいろいろ入っていると思いますが、住所変更などの手続きが必要になってくると思います。一般に、入っているのは、生命保険、自動車保険ですが、その他にも、ガン保険とか、養老保険とか別口で入っていたらそれらも、忘れずに、住所の変更手続きをしておかなければなりません。そして、郵便局にも手続きをしておかなければいけませんね。郵便局に引越しをすることを伝える転居届けを出しておけば、旧住所宛の郵便物が送られてきた場合には、自動的に引越し先の住所に郵便物などを届けてくれるサービスを行っていますから、郵便局に引越しの手続きをしておくといいと思います。まだ他にも携帯電話も住所変更をしなければいけませんし、インターネットのプロバイダーなどの手配もしておくことで引越ししてすぐインターネットを使えるようになりますのでやっておきます。

 

■京都市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
京都市役所 〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地 
電話:075-222-3111(代)

 

【電力】
関西電力 京都営業所 0800-777-8031(通話料無料)9:00〜20:00
京都市 北区、上京区、左京区(久多の北部を除く)、右京区、西京区、中京区、下京区、南区、東山区、伏見区(竹田向代町の一部、竹田流池町、竹田向代町川町、久我、羽束師)

 

関西電力 伏見営業所 0800-777-8033(通話料無料)9:00〜20:00
京都市 伏見区(竹田向代町の一部、竹田流池町、竹田向代町川町、久我、羽束師、醍醐一ノ切町、醍醐ニノ切町、醍醐三ノ切を除く)、山科区

 

【ガス】
大阪ガスお客様センター リビング事業部 京都事務所 フリーダイヤル0120-8-94817

 

【水道】
京都市上下水道局 お客さま窓口サービスコーナー 075-672-7770
営業時間 平日午前8時30分〜午後7時00分 土曜・日曜・祝日午前10時00分〜午後5時00分
年末年始(12月29日〜1月3日)は閉庁します。

 

京都市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
京都市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
京都市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
京都市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、京都市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド